セキヒノモリ

re.act

blow by jun uezono/ブロウ バイ ジュン ウエゾノ

プリミティブな魅力アリ。

見た瞬間にドキリとさせられるデザインに出会ってしまった。

私の人生の中で数こそ少ないが、時折襲来する衝動にも似たその感覚。毎回共通しているのは【それが一体どんな由来の物なのか】を全く知らないことだ。

時にクロムハーツのクロスペンダント。そして時にガボールのループタイ。そして今回はコレ【ジュン・ウエゾノ】の・・・何なんだろうねコレ?ネックレス?それともループタイ???

デザインソースが全く判らなかった私の第一印象は「古民具とかアフリカンアートでこんなのなかったっけ?」ということ。

クロムハーツでもガボールでもないプリミティブな魅力。分類不能ともいえる唯一無二なデザインに惚れてしまいましたとさ。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén