セキヒノモリ

re.act

濱中史朗のカップ

最近よく使ってるのがコレです。

【レース】と【ブロンズ】の釉薬がダブルで用いられているなんだかゴージャスなこの一杯。独特の模様が潮騒のようで良い感じですね。

画像だと伝わりづらいですが、ベースになっているであろう【ブロンズ】はもっと金属的な光沢があります。

濱中史朗作品で私が最初に手にしたのはブロンズの釉薬のマグカップだったのですが、こうしていくつか濱中作品を所有してみると「やっぱブロンズ好きだわ。オレ。」ということに気がつかされます。

カップ全面に【レース】が配された物もありますが、こうしてアシンメトリーに釉薬が配されているのも洒落た雰囲気。

どうやって作られているのか想像もつきませんが、焼き物ゆえの【偶然】と高度な計算に裏打ちされた【必然】のなせる【技】なのかもしれません。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén