セキヒノモリ

re.act

パキポディウム・グラキリス

人生初ポディウムです。

一眼見てから気に入っていたパキポディウム・グラキリスですが、ついにお迎えしました。

オンラインでは手に入らないものではないのですが、いかんせん【生育について無知】+【まぁまあのハイプライス】につき、出来れば飼育の実態について相談できる地元のショップで購入したかったんですよね。しくじりたくねぇ・・・。

◯2年は植え替えちゃダメ

◯根が命なので根付いてない個体は購入NG

◯水やりのタイミングは触ってみて樹皮がペコペコ沈む時に行う。樹皮が硬ければ水をやってはいけない

◯とにかく根を保護する。本体に衝撃が加わらないように注意!

などなど・・・。飼育についていろいろアドバイスを頂きました。

来店の間がよかったのか、オーナー氏がコレクション用にストックしていた個体をお譲り頂けることに。バックヤードに下げていたものをたまたま店頭に出していたら私が来たという・・・。

4万ちょいという価格に正直迷わなかったわけではありませんが、かなりイメージ(好みの形)の個体だったことと、原産国のマダガスカル政府が「今後輸出を禁止するかも」らしいんですよね・・・。

大統領次第で方針は変わるようですが、もしも輸出禁止となるとさらに高額になってしまう可能性もあるとかないとか。ここら辺の業界事情についてはあまりに無知無学過ぎて存じませんが、なんとなく肩を押してもらう懸案材料にはなったと思います。

仕事場に置きたかったのですが、日当たりが悪いために冬の間だけでも自宅に置こうかなぁ・・・と。

それにしてもなるほどコレクターがいるわけですね。個体差でいろいろ欲しくなってしまいそうな魅力を感じます。

自身の飼育スキルを上げつつ、また魅力のある個体に出会えたらゲットしてみましょうかね・・・?

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén