セキヒノモリ

re.act

インダストリアルデスクと濱中史朗の花器

仕事机を買い換えてみました。

このインダストリアルなたたずまいのデスク、かのジャーナルスタンダードファニチャーで有名な【ギデル アトリエテーブル】と同デザインのものです。

サイドにあるハンドルをクルクルと回すと天板が昇降する構造のこのデスク。インダストリアル好きとしてはたまりません。

ついでに卓上の花器&お花もチェンジ。花器は例によって濱中史朗氏の作。エッジの効いたデザインが鉄製のデスクによくマッチしていると思います。

机が変わると気分も新鮮になって良いですね。こうして好きな物に囲まれて仕事をしていると、フト目が止まったときに疲れも癒える気が。

2020年が始まりましたが、今年も最高の年にしたいな・・・。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén