セキヒノモリ

re.act

濱中史朗のスカルモチーフカップ

展示会にてゲットです↓

2022.6.24より東京は表参道ヒルズにて実に都内では5年ぶり?になる濱中史朗展が開催されるとのことで仕事を早めに切り上げて初日に参戦。

なかなかまとまった数の現物を見ることができない作家さんだけにまだ作品が残っている初日に訪問できたのはラッキーだったと思います。

実は狙っていた作品(花瓶)があったのですがプライスが27万5千円という大変なお買い得価格でして・・・(汗)僕がこれまで購入してきた経験上、花器は高くても12万くらいだったので値段を見てビックリ!恐らく作家さんの人気と格がそれぐらいの価値に上がったということなのでしょうね。

(今後は買いづらくなっちゃうかもな・・・)と動揺しつつ、それでもせっかくの展示会なのだから何か一つぐらいは買って帰りたい!と会場をグルグル物色していたところ発見したのがこちらのカップです↓

見た瞬間「ん!?珍しいなこれ!?」と。スカル単体のモチーフはよく見るのですがこのようにスカルのボディみたいなデザインが追加されているものって初めて見たのですね。

「こういうの初めて見ました!」と作家さんに聞いたところ「こういうのはこれしかないですね」とのこと。一見すると不気味なデザインかもですが何故か僕は「カワイイなこれ」と思い購入を決意。

ご覧の通り2パタンのデザインがあったのですが正位置と逆位置になっているのがまるで『陰と陽』のようで・・・。どちらにするか最初は迷ったのですが「せっかくだし・・・」と両方ゲットすることにしました。

今回の濱中史朗作品は定番のスタッズや僕が大好きなクロウモチーフ以外にも巨大な頭骨が彫刻のように配されたダイナミックなデザインが多数でした。今秋には関西方面でも展示会が開催される模様・・・。

どんな新作がまたお目見えするのか今から楽しみです。

次へ 投稿

返信する

© 2022 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén