セキヒノモリ

re.act

片瀬和宏の【注器】

四角い注器。

この手の前衛的?なデザインって好きです。見ての通りのキューブ状の急須。いつも淹れたお茶が飲みごろになるとこの注器に移し替えて楽しみます。

内側にはキチンと茶こしが設置されているので、このまま急須として使用できるのですが・・・・なんとなーく茶葉をダイレクトインしたくないのが気分。

それにしても陶器なのにこの金属的なテクスチャーはどうやって表現しているのでしょうか?

いつもそうなのだけど【どうやって作っているのかわからない】ところに私はまた魅せられてしまうのです。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén