セキヒノモリ

re.act

濱中史朗の【香炉】

カップと比べると明らかにデカい。

オンラインではなかなか購入できない濱中史朗氏の作品ですが、今回はたまたま広島にて期間限定の展示会が開催されているとの情報をキャッチ。コンタクトをとってみることに。

お世話下さいましたのはバジュラ・ボルトセッション/bajra・BOLDSESSION様。お忙しい中、大変にご親切かつご丁寧にご対応下さり画像にて多数の作品を拝見することができました。

中には濱中史朗氏のファンなら誰もが気になっているであろう“あの作品”も・・・。

バジュラ様にご紹介頂きました画像について、当ブログに掲載のご許可を下さいましたので以下に転載させて頂きます↓

まずは花形のカップ。中には初めて見る作品も・・・。これは花器?なのでしょうか???

植物のような不思議なフォルムが面白いですね。花器なのであれば、エアープランツとか似合いそう。

有名なスタッズロックグラスも多数。これだけの数をまとめて見れるのは壮観ですね!スカルモチーフのものもご案内頂きました↓

このスカルモチーフのロックグラス、初見時には「ちょっとな・・・」と思いましたが、目が慣れてきたのか【欲しくなってくる】から不思議なものです。

また、スカルやスタッズが有名な濱中史朗作品ですが、ゴブレット?というのでしょうか?ホワイトの洋風カップも気品があって良い感じ。レイアウトがまたカッコいいですね・・・!

恐らく花瓶は【レース】と称される釉薬の物だと思いますが、同じホワイト系の作品でも、こうして並べてみるとテクスチャーの違いがメチャクチャ【良い】です。

それにしてもここまで【攻めた】デザインの花器類はオンラインではまず見れないので、個人的にかなり眼福モノでした。

実は以前から濱中史朗作品の花器が欲しかったのですが、今回はイメージに合うものがなく、残念ながら見送り。また拝見&ゲットできるチャンスがあればよいのですが・・・。

そして“例のアレ”です↓

感動的だったのがこのスカルのオブジェ!濱中史朗氏のファンなら一度は目にしたことがある作品なのではないでしょうか?

存在は知っていたのですが、具体的に購入可能な物を拝見するのは今回が初めて。予算が合えば欲しいな・・・と思いましたが、1○万という大変なお買い得価格だったので残念ですが見送りました(苦笑)

他にも送って頂いた画像は多数に渡り、まるで現地へ赴いて店内を拝見できたように楽しかったです。購入するかどうかも不明な一見客にも関わらずここまで手厚く接客下さいましたバジュラ様に改めて感謝申し上げます。

結局、購入させて頂いたのは香炉の一点のみでしたが、思えば他にも気になる物がちょいちょいあったんだよな・・・。決断力に乏しくてダメですね・・・どうにも。

最後になりますが、今回お世話になりましたバジュラ・ボルトセッション/bajra・BOLDSESSION様での濱中史朗作品展はすでに終了しており、今後のお店を通しての濱中作品の購入は今のところ【不可】とのことですので、当ブログをご高覧下さった方はお気をつけを・・・!

バジュラ様におかれましては9月中旬に移転もされるとのことで、またチャンスがあれば是非お世話になりたいお店になりました。

バジュラ・ボルトセッション/bajra・BOLDSESSION様、この度は誠にありがとうございました!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén