セキヒノモリ

re.act

札幌旅行・初日

出発の日の天気は快晴。大学受験の時に悪天候で飛行機の欠航が相次ぐというトラブルに遭遇したため冬場の北海道旅行ってちょっと警戒するのです。


とりあえず飛行機さえ飛んでくれればいいや・・・と初の静岡空港行きバスに乗り込みました。道中、何やら渋滞?があったらしく空港到着が遅れるとの車内放送。航空会社と連携とってるらしくバスが遅延しても大丈夫っぽいです。空港到着するなり急かされるように搭乗口へ。

飛行機が道内に入るとわかりやすく雪景色が広がります。久々過ぎて懐かしいようなそうでもないような?

空港から快速電車で札幌駅へ。記憶違いかもですが昔は一時間くらいかかっていたような?30分くらいで札幌駅に到着できたのでちょっと得した気分に。

出発直前まですっかり忘れていたのですがいつか札幌へ行ったら買いたいと思っていたものがあるのです。それは札幌駅JRタワーの展望室に限定で販売されている掛け時計。札幌駅のシンボル的な装飾のひとつに「星の大時計」と呼ばれる時計があるのですがそれのレプリカなのですね。


デザイン的に好みかというと・・・なのですが、思い出的に「自室の小さな札幌」的な感じで良いかな、と。これ・・・通販でも購入できないのです。


札幌駅内の商業施設「ステラプレイス」の吹き抜けを久しぶりに眺めつつ展望室へ。実は展望室って初めてなのですが38階って(汗)

有料のエリアだけあって札幌市内を一望できる景観はお見事ですね。高所恐怖症気味なので手に変な汗をかきつつ、窓際でクリスマス限定のパフェとコーヒーで一服。売店で無事に掛け時計もゲットし、市内を散策しながらホテルへ向かいます。

以前から気になっていたスポットの一つが「札幌駅前通地下歩行空間 」。・・・なんだか長ったらしい名称ですが札幌駅⇄大通駅を結ぶ地下道はかつて存在せず、札幌市民の悲願であったと聞きます。

私としては「なんで住んでる時に作ってくれなかったの!?」ということ。吹雪の日でもスマートに歩けますよね・・・(苦笑)地下歩行空間にはアイヌ民族の素晴らしい刺繍作品の展示も。欲しい(笑)

地下道の様子を見つつ一旦地上へ。これまた学生の頃に高級店では!?とびびって行けなかった雪印パーラーへ行ってみようと思います。ご覧の通り万超えのメニューも。普通のメニューもあったのにね(笑)

注文は来る前から決めていた「スノーロイヤルパフェ」。雪印パーラーを代表するアイスクリームがメインのパフェなのですが「ロイヤル」の名を冠するだけに宮内庁のオーダーで天皇陛下に献上されるために作られたという逸話があるアイスなんですよね。

以前に静岡伊勢丹で北海道展が開かれた際に食べたのですが「雪の札幌で食べたら感慨深いだろうね」と話していたのがついに実現しました(笑)


その後、時計台、テレビ塔を横目に丸井今井へ。大学生の頃に大好きだったポールスミスの店舗がこのデパートにあったためたまに来ていたんですよね。

このデパートで記憶に残っているものの一つが 「とうまん」というお菓子。清水に昔「都まんじゅう」というお菓子があって友人ともども好きだったのですが都まんじゅうとまったく同じ味なんですよね。これ。

都まんじゅうの店長さんも「餡子の豆は北海道から取り寄せてるんだよ〜」と話されていたので何か由来があるのかなぁ・・・?購入したとうまんをスーツケースに放り込むと今度はポールスミスへ。「当時にお世話になったスタッフさんまさかいないよね・・・?」とちょっと期待しつつ入店しましたがさすがに知らない方しかいませんでした(苦笑)

せっかくだしなんか買い物でも・・・と近々に食事の約束をしている友人のクリスマスプレゼントを購入。「・・・よく考えてみればどんな顔して渡しゃいいんだ?これ??」と買ってから苦悩しつつ雪降る札幌市内をホテルに向かって歩きました。

同じ系列のホテルに間違えて行ってしまうなどのハプニングもありましたが何とか無事に到着してチェックイン。明日はどこに行こうかな・・・とか考えながら疲労も相まってイメージがまとまらないまま眠りに落ちました。


(続く)

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 セキヒノモリ

テーマの著者 Anders Norén